お水をしっかり摂っていますか…?

最近、梅雨のせいか湿度が高くて、ジメジメしていて暑い日が続いていますね!

今回のタイトルにもありますように、皆さんは水分補給をしっかりしていますか? 当院では施術後の水分補給をよく促していますが、実際にお水を飲む飲まないだと身体の調子も変わってきます!

 

身体にとっての水の重要性
 水は私たちの体にもっとも多く含まれる物質で、生命活動をサポートしています。成人の身体の55~60%を占めているのも水です。主に脳や腸、腎臓、筋肉、肝臓などの臓器・組織中の水分含有量は80%と比較的多いです。しかし、脂肪組織(皮下組織)は中性脂肪が多いので、水分含有率は約34%と低くなっています。
 女性は男性に比べると脂肪量が多いため、水分含有率は約55%と少ないです。また、肥満の方は痩せている方よりも身体の水分量が少ないです。さらに高齢の方は加齢とともに細胞の数が減るため、成人よりも水分含有量が減り、約50%にもなっちゃいます。そのため、お年寄りの方は足がつりやすくなる傾向にあります。

水を飲むメリット
血流を改善する
新陳代謝がアップ
腸の動きを改善する
ダイエット効果
むくみの改善

水の主な働き
 水の主な働きは物質の溶解運搬体温調節です。

物質の溶解
 食事の中に含まれる栄養素は吸収しやすい形に分解され、代謝されます。代謝反応は水に溶けた状態で行われます。

物質の運搬
 水分を含む血液やリンパ液は体内の物質を細胞まで運びます。また不要になった老廃物も尿から排泄されます。

体温調節
 水は比熱(1g当たりの物質の温度を1度上げるのに必要な熱量のこと)の高い物質で、温まりにくく、冷めにくい性質があります。水は温度の変化が少ないので、体温を一定に保つことに役立っています。
 例えば夏の暑いときや運動時に汗をかくのは、体熱の放散によって体内温度の上昇を防ぐためです。

人間に必要な1日の水分量
30ml×自分の体重=1日に必要な水分量
例)30ml×70=2.100
※飲むのは出来るだけミネラルウォーターでおねがいします!水道水やお茶には不純物が入っているので極力飲まないように。
※また、暑いからと言ってキンキンに冷えた水を一気に飲むのは良くないので、やや冷たいお水をこまめにとる。

 

 

 

これから夏になって、どんどん暑くなってきますので、体調が悪くなりやすい季節になりますので、水分はこまめに摂取しましょう!!