もしも交通事故に遭ってしまった場合・・・

交通事故に遭ってしまった・起こしてしまったらどうすればいいのか順を追って説明します。

1.警察に連絡する
事故の大小、怪我の度合いに関わらず必ず警察に連絡をしましょう。
自賠責保険・任意保険いずれも事故証明書が必要となります。
念のため、以下の情報を控えましょう。
・相手の名前、住所、連絡先
・相手の車の登録ナンバー
・任意保険加入の有無、自賠責証明書番号、保険会社名

 

2.病院で診察を受ける

警察による実況見分の後、整形外科を受診してください。当日が難しくても数日以内に必ず受診しましょう。
交通事故に遭った旨を伝えて、診察・検査等を受けて『診断書』をもらってください。
事故直後は興奮している際に出る、アドレナリンがたくさん分泌されていて興奮状態になっているので、痛みを感じずらくなっています。
病院で診察を受ける際は、痛みがなくても普段と違う感じある部位は必ず医師に伝えましょう。
後日新たな部位に痛みが出たら、再度整形外科を受診して診断書に痛む部位を追加してもらいましょう。

 

3.加害者加入の保険会社から連絡が来る・ご自身加入の保険会社に報告する

通常相手が加入している保険会社(任意保険)からあなたに連絡がきます。その際「美南オレンジ整骨院で施術を受けます」とお伝えください。併せて当院の情報もお伝えください。
事故直後は相手や警察との応対でなかなかご自身が加入している保険会社に連絡するタイミングが無いと思います。
事故当日に必ず連絡しなくてはいけないという決まりはありませんが、出来るだけ早めに連絡しましょう。
相手方の保険会社に当院で治療を受けることを伝える前に治療を受けても問題ありません。

 

4.通院・治療開始

交通事故後治療の経験が豊富なスタッフが早期回復を目指して施術します。交通事故のような強い衝撃を体に受けた場合は、数回の治療で良くなることは稀です。出来るだけ通院間隔をつめて来院されることをお勧めします。
きちんと治し切らないと、いつまでも症状が残ったり、無理をした時に症状がぶり返したりすることがあります。

 

5.治療が終了したら保険会社に連絡

交通事故治療の経験が豊富な当院スタッフと、状態の回復具合を確認しながら施術を重ねていきます。痛みやつらさが無くなり「もう大丈夫!」とのお墨付けが出たら、治療が終了したことを保険会社に伝えましょう。
保険会社より示談内容書が届きます。内容をよくご確認の上分からないないことがありましたら当院にご相談ください。